人は神の子

遅ればせながら、今月の生命の言葉なぞ。

201411生命の言葉1

201411生命の言葉2

スポンサーリンク

日本人はすべて神のもとから「生命=神霊(みたま)」をいただいて生まれ、死に際しては、再び神のもとへ還っていくのである。

なかなか実感できない言葉だと思う。

満員電車などに乗っていると、殺伐とした雰囲気に、誰が神の子やねん!と思ってしまうこともあるし、一人一人の存在がとってもちっぽけなものに感じてしまうこともある。

ただ、やっぱり、ご縁がなければ此の世に生を受けることもなかったと思うと、自分が生きているということはとても不思議なことなんですよね。

日々のお仕事などで、疲れ切ってやさぐれてしまうこともあるよね。

そんな時には、日常とは違う場所に行ってリフレッシュすることも必要。

神社仏閣などに行ってみるのも、いいかもしれませんね。今度のお休みには。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.