戸隠神社奥社&九頭龍社に行ってきた

戸隠に行けとの御指示があったので、行ってきました。

何故戸隠なのかしらん?と思いつつ、バスツアーを調べたら直近で出ているものがあったので、それを利用したのだけれど、パワースポットに行こうと謳っているツアーだったので、私の回りに座っていた乗客はパワーストーンブレスレットを両手にじゃらじゃらしていた。

内心(ぎゃぁぁぁーーーーー( ゚Д゚))と思いつつ、移動中はひたすらマキシマムザホルモンを聞いていた(涙)私は目に見えない世界と神様・仏様は信じているけれど、商業的なスピリチュアルとかパワーストーンとか嫌いなもんでね。

行きのバスの中の空気感にちょっと疲れつつ、戸隠神社の奥社入口に到着。

戸隠奥社201409-1

戸隠奥社201409-2

戸隠に来たのは2年ぶりだなーと思いつつ、前回は11月&12月だった為、路面が凍っていたり、雪が降っていたので歩きにくいイメージしかなかった。けれど、流石に今回は9月下旬ということもあって参道は凍結などしておらずに、とても歩きやすかった。

スポンサーリンク

大鳥居

戸隠奥社201409-3

隋神門の狛犬さんたち

戸隠奥社201409-4

戸隠奥社201409-5

隋神門

戸隠奥社201409-6

この隋神門はいつ写真を撮っても、ふわっとした写真になる。

ここからが別世界だから、当然っちゃー当然なんだけれどね。

戸隠奥社201409-7

そしてひたすら歩く。

隋神門から奥社までは20分程度ということなんだけれど、前回来た時も感じたように、ここからは引っ張られる感覚があるので、歩くのは全然苦にならない。

戸隠奥社201409-8

戸隠奥社201409-9

石段を登る際にも、何かが後ろから押してくれるので、スイスイ登れる。

戸隠奥社201409-10

戸隠奥社201409-11

戸隠奥社201409-12

奥社の狛犬さんたち

ひさしぶりー♡

戸隠奥社201409-13

戸隠奥社201409-14

手水舎で清めた後に、戸隠神社 奥社へ参拝

戸隠神社 奥社

戸隠奥社201409-15

こちらに再びお招き頂いたことに感謝して、お参りさせて頂く。

戸隠奥社201409-16

2年前に来た時には、パワースポットブームというのもあったか?参拝するにも行列だった。しかし今回はたまたまなのか分からないけれど、参拝客がそんなにいなかったので、参拝のために行列するということは無かった。

戸隠奥社201409-17

そして奥社手前の九頭龍社へ

戸隠神社 九頭龍社

戸隠奥社201409-18

戸隠奥社201409-19

龍が好きな人ならば、外せない神社ですよね。

こちらでも再びお招き頂いたことに感謝して、参拝させて頂く。

すると、風が吹いて、ひゅん、と頬を撫でていった。

ちょっと嬉しい気持ちになって、社務所にお伺いし、御朱印とお御籤をお願いした。

こちらのお御籤は、神職の方が祝詞を唱えたあと、御神籤箱の中からの一本の籤を引き、そこに書かれている番号の御神籤を神様の御教えとして渡しているという、普通のお御籤とはちょっと違ったもの(初穂料¥300)

御朱印は15分程度お待ちください、ということだったので、風景を見ながら待っていた。

戸隠奥社201409-20

戸隠奥社201409-21

10分くらい?で御朱印が出来上がり、ピックアップした後に、大鳥居まで戻る。

途中鳥居を発見したけれど、特に呼ばれなかったので、そのまま歩みを進める。

戸隠奥社201409-22

戸隠奥社201409-23

戸隠奥社201409-24

本当に戸隠は修験道の匂い。

そして神仏混淆だったころの雰囲気を未だに感じることが出来る場所。

戸隠奥社201409-25

戸隠奥社201409-29

カメラを向けると光輝いた。

戸隠奥社201409-26

戸隠奥社201409-27

戸隠奥社201409-28

そして隋神門に到着。

戸隠奥社201409-30戸隠奥社201409-31

そして隋神門から20分位歩くと、大鳥居に戻る。

戸隠奥社201409-32

そしてバスに戻り、パワーストーンギャルに囲まれながら次の場所に移動(爆)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.