【その1】いよいよ聖地へ May 1, 2013

4:00起床のはずだったけれど、身体が重くてちっとも動けなく
結局4:30起床→5:30に出発というコースにしたけれど
今日は内宮に5:35分頃に到着したと言うのに、人、人、人。

なんなんだこれは?と思ったら、今日は5月1日。
1日は赤福の朔日餅の発売日。
人々は朔日餅を手に参拝しに来ていた。
日本人って横並び好きよねーと思いつつ、参道を歩く。
正宮の御垣内参拝させて頂いたけれど、あまりスッキリせず。

どなたかが椿を置いて下さっていた。
石段とのコントラストがとてもキレイだった。
内宮朔日

古札所に天河弁財天の御守と五十鈴、そして神宮で頂いた御守を預けた。
とってもスッキリした。
天河はパワースポットって言われているけれど
魔のパワースポットだと分かったので、
早く手持ちの関連グッズを処分したかったのだ。
あそこはおかしい、と独り言。

内宮さんを出るときに、雲が龍のように見えた。
伊勢神宮空

おかげ横町経由で神宮会館に戻ったけれど、
朔日ということで多くのお店が開いていた。
朝早くから賑わっているのは良いことなんだろうけれど
何故かあまり良い気分にはなれず。
神宮会館に戻り、朝食を頂いた。
(神宮会館も朔日という事で
ご飯ではなく、おかゆだった&連泊するとおかずの内容も変えてくれる)

当初は10:00位にチェックアウトして、15:00位に高野山に到着という
プランを立てていたけれど、もう伊勢はいいや、と思って9:00位にチェックアウト。
9:16発のバスに乗り、宇治山田駅へ。
しかしバス停で、昨日も見たようなイカスピ女二人(=昨日と同一人物ではない)
が居て、何だかいやな気がしたけれど
案の定月読さんに一番近いバス停で降りて行った。
ヘンな女ばっかり月読さんに行くなぁ、と思った。

宇治山田駅には9:30頃到着。
9:48の特急に乗って途中名張と言うところで乗り換えて桜井まで行き
桜井で橋本行きの電車に乗ろうとしたけれど
桜井での乗り換え時間が4分しかなく、案の定橋本行きの電車を逃してしまい
次の電車の時間を確認したら、12:07で約1時間後、、、

このまま駅のホームで待たなくてはならないのかしらん?と思ったけれど
駅のホームには何も無く。結局駅の人に事情を説明して、改札から出してもらって
コーヒーショップでもあればコーヒーなんぞを、と考えてみたけれど
見渡しても一息つける様なところは何も無く(爆)
奈良桜井駅

このゴールデンウィークの旅行プランとして、当初伊勢→三輪→高野山と
言う予定を立てていたのだけれど、三輪って違うかも?と思い
高野山3泊というプランに変更したのだった。
桜井で足止めされたって事は三輪神社に寄っていけって
事なのか?なんて思ったけれど(桜井から三輪神社までは3km)
どーも違う、行くべきじゃないっていう感覚。
今思えばこの足止めされている時間でご飯ちゃんと食べておきなさいよーって
事だったんだと思えたり(笑)

スポンサーリンク

逆の出口でかろうじて居酒屋チックなお店がランチをやっていたので
カレーうどんを食し、時間を潰して12:07の電車に乗った。2両編成のやつ。
桜井駅電車

うるさい外人カップルが居て、
めんどくさいなぁと思ったら高野山の駅までずっと一緒の動きだった。。。
橋本到着時にも同じ待合室で待ったり(笑)
橋本駅

しかし、伊勢に居る間はずっと歩いていた割には、全然眠くならなかったり
逆に熟睡出来ずに夜中に目が覚めてしまったりしたけれど
今日は電車の中でついうとうとしてしまったりした。

高野山が近づくにつれ、
伊勢とは違った圧倒的な「何か」を感じて、ひれ伏したいような想いを感じた。

極楽橋駅

高野山ケーブルカー


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.