ツヤ髪でいこう!

先日行った美容室では、ヘアケア製品の押し売りというのは無かったのだけれど、最後の仕上げに美容師さんがつけてくれたヘアミルク(ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン)の香りがとても良かったので、お願いして売ってもらった(←美容室専売品ということだったけど、Amazonで売ってたー爆)

タオルドライした後に、このヘアミルクをなじませてドライヤーをかけると、女子っぽい香りが広がってイイカンジなのです(笑)髪の毛もしっとりとまとまって、イイカンジにスタイリングも仕上がるので気に入っています♡

そういえば、私って、ヘアケアについて良く分かっていないことが多いなぁーと感じたので 『ツヤ髪プログラム (古荘メソッドⅠ)』という本を読んでみました。

「老けて見えるのは、肌のせい」と思っている女性は多いのですが、実はツヤを失ったボサボサ髪、白髪、薄毛といった、年齢や日々の不摂生からくる髪のトラブルほど、女性から若々しさを奪っているものはありません。

と書かれていたのを読んで、衝撃を受けたのでした(爆)

スポンサーリンク

他人に与える印象が、つやがあるとないのでは、天と地ほど違う

宮崎葵4761
photo credit: bangdoll@flickr via photopin cc
この本で、経営者の方が、著者に言ったことが書かれていた。

「仕事の相手を選ぶときは、髪ツヤと小物のツヤを見る」

髪、財布、カバン、名刺入れ、靴などが、きちんと手入れされ、ピカピカと輝いている人は、能力も高く、信頼できる人物であることが多く、また運を引き寄せる力も持っている、というのです。

反対に、ボサボサの髪でカバンや靴が汚れている人は、仕事への誠意もなく、能力が低い人が多いそうです。

確かにスピ系でも、「髪や肌に艶があると運が良い」ということが言われている。

また、人の目に付きやすいのは、服装よりも先端部分であるということも言われている。いくら雑誌に載っているような流行の服を身にまとっていても、指先のネイルがはがれていたり、髪の先がボロボロだと、そちらの印象の方が残るとも言われている。

黒髪が似合う人はごく少数

じゃあツヤを出すために、ダメージを避けましょうという話になるのだけれど、ヘアカラーもパーマも施さない、ドライヤーもかけない真っ黒な髪は、色、質感から「重さ」が出てしまう、ということが述べられていた。

実のところ黒髪が似合う人はごく少数。不用意に手を出すと、それこそ沼からヌーっと上がってきたばかりのような「怖い」「暗い」「湿っぽい」印象になりがちです。

私も黒髪にして、やっちゃった、という経験がありまして(笑)神社通いを始めた2年前、やっぱり日本女子は黒髪じゃなくちゃ!ということで、それまでのちょっと軽めのブラウン系から真っ黒にしてしまったのです(爆)

けれども、やっぱり回りのウケは良くなかった(トホホ)おまけに、髪の毛痛んでいる上に真っ黒だと、バンギャル崩れのオバサンみたいだと知人に言われて、私、涙目( ;∀;) やっぱり地毛以上に黒くすると、良くないです、、、はい(←ツキとかそういうものを含めても)

それに明るい髪を黒くするのは簡単だけれども、一旦暗く染めた髪を明るくするのは大変なので、黒く染めるのは、あまりお勧めしません。。。

まとめ

HAW86_muttoshitanekotonezumi500

この本には他にも、ツヤ髪のためのシャンプーやトリートメントの方法、ドライヤーのかけ方、トラブル髪の対処法など、知っているようで知らないことが沢山載っていました。

海辺のカフカ』のナカタさんじゃないけれど、人に不快感を与えないようにこまめに散髪に行くっていうのは大切だし、風水でもツヤのあるよく手入れされた髪が金運を呼び込むと言われているので、これからはツヤ髪になるように毎日のお手入れを頑張っていこうと思うのでした(^◇^)

ツヤ髪プログラム (古荘メソッドⅠ)
古荘 文彦
WAVE出版
売り上げランキング: 426,377
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.